せどりで、客単価を上げる簡単な方法

この記事を読むのにかかる時間: 大体 3 分ぐらいだッ!

せどりで売上をあげるには「客数」と「客単価」を上げないとダメですね!今回は、カミカミ大王も実践している「客単価を上げる簡単な方法」を紹介しちゃいます


プッチ神父 小細工を!

2/1 せどり日報
売れたモノ
本 2点
CD 1点
玩具 3点

 

仕入れたモノ
フィギュア 3点
玩具 18点

 

 

この先を読む前に、
まずは「ポチ」っとお願いします( ´∀`)
人気ブログランキング
POCHI!POCHI!POCHI!

 

ちなみにこんなん売れました♪ヽ(=´▽`=)ノ

モーツァルト : 弦楽四重奏曲「狩り」&ハイドン : 弦楽四重奏曲「皇帝」

モーツァルト : 弦楽四重奏曲「狩り」&ハイドン : 弦楽四重奏曲「皇帝」

モーツァルト : 弦楽四重奏曲「狩り」&ハイドン : 弦楽四重奏曲「皇帝」

せどり的には

クラシックのCDは鉄板

って感じですNe!(・∀・)


ま、ブッチャケ・・・

全然なにがエエのか分かんない

ですけどNe。。。(;´∀`)


 

以上、売れた商品の紹介デシタ(・∀・)


さてさて、今回は

せどりでの客単価の上げ方

について語っちゃいますよん♪ヽ(´ー`)ノ


ちょっとした事で客単価は上げれる

せどりに限ったことではないですが、
物販ではこの

客単価

って、非常に重要です!( ・`ω・´)


なぜなら、物販で売上あげるには

客数 × 客単価

ってのが大前提としてあるからですよね!


で、もう少し細かく言えばココに

回転率

が関わってくる事は・・・コレ をお持ちの方なら
すでに理解できてますかね?(・∀・)


という事で、売上をUPさせるためにはこれら

  • 客数
  • 客単価
  • 回転率

を上げれればエエってワケですな!(#゚∀゚)=3


となると、

「一体どれをどう上げればイイの?」

と疑問が出てくるかと思いますが、
それは各々


自分のせどりスタイルに合わせる


ってのが無理がなくてエエかと思いますYo!(´∀`)

 

そこで、今回フォーカスするのは

客単価

ってトコロです(*´ω`*)


まぁコレ・・・カミカミ大王のスタイルである


中利中売せどり


でのメインでもあるんですけどね~ヽ(´ー`)ノ


それでは本題ですが・・・
そもそも、客単価を上げる方法ってのはいくつかあって、
ひとりのお客さんに

  • 高い商品を買ってもらう
  • 安い商品をまとめ買いしてもらう

ってのが分かりやすいトコロですな(^O^)


で、どっちの方が簡単か?って~と・・・


安い商品をまとめ買いしてもらう


ってのちゃいますかね?

だって、高い商品の場合だと

  • お客さんがある程度お金持ってる人ぢゃないと無理
  • 自分のショップの信用度がないと無理

って感じで、ハードル高いですよね(;´∀`)


それに引き換え、安い商品のまとめ買いだと
そういうハードル・・・あんま関係ないっしょ?ヽ(´ー`)ノ


「○○シリーズ、数多く取り扱ってます」とか
「○○とセットで○○もぜひ!」とか・・・


まぁブッチャケ、某ファストフード店の

 

「ご一緒にポテトもいかがですかぁ?」

 

と同じ事をすりゃエエって事ですわ~!(*´ω`*)


さらに!!

「まとめ買いすれば送料100円返金」

みたいな感じでお得感を出しておけば、
お客さんによっちゃソコに食いついてきますしね!(・∀・)

 

そうすると・・・

たとえ ”商品単価” が安くても ”客単価” は上がりますよね?

Amazonの商品コンディション欄に上記のような事書いてみれば
お客さんによっちゃ勝手にまとめ買いしてくれるでしょうし、
もしそれに気付かないお客さんの場合には・・・


注文承りましたメールの時に

「ご一緒にポテトもいかがですかぁ?」

みたいな事を書いてあげればエエんちゃいますかね?(´ε` )


コレ、手間ヒマかからん方法のひとつなんで、
やってないって人はぜひ!!(*´▽`)ノ




きさま、この記事・・・読み込んでいるなッ!?

今回の記事は役に立ちましたか?
応援ポチ・・・押さない?
にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ 分からない事があれば・・・
カーズ 勝てばよかろう


スポンサードリンク
 

「なるほど・・・役に立ったッ」って時にはシェアだッ!!

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

逆に考えるんだ。“書いちゃってもいいさ”と考えるんだ

 にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ